点滴治療室

快適に治療をお受けいただけますよう、ゆったりとしたスペースを確保しております。

どうぞリラックスしてお過ごしください。

マイヤーズ・カクテル点滴療法

マイヤーズカクテル療法とは、人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンやミネラルだけを点滴する療法で、気管支喘息、偏頭痛発作、慢性疲労症候群、線維筋痛症などさまざまな疾病に有効とされている療法です。

もともと人間の体の中に存在する栄養素である、ビタミンとミネラルの点滴療法です。副作用は殆どない安全な点滴療法といえます。

マイヤーズ・カクテルの名前の由来

 メリーランド州ボルティモアで開業しているジョン・マイヤーズ医師から名付けられました。
 マイヤーズ医師は30年以上にわたり、喘息、慢性疲労、うつ病などの患者をビタミンやミネラルの点滴で 治療することで有名で、たくさんの患者さんが訪れていました。

 マイヤーズ先生亡き後はアラン・ガビー先生がこの点滴療法を受け継ぎました。ガビー先生はこの点滴処方をマイヤーズ・カクテルと名付け、1,000人の患者に15,000件の点滴療法を実施したのです。ガビー先生はこれまでに20以上の学会で数千人の医師に教育講演をし、今や全米で10,000人以上の医師がマイヤーズカクテルを治療に取り入れています。

マイヤーズ・カクテルで点滴するビタミンやミネラルの内容

ビタミンB1,B2,B3,B5,B6,B12,ビタミンC、グルタチオン、マグネシウムなど

マイヤーズ・カクテルの適応となる病気

非常にたくさんの病気に効果が期待されています。
気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、 こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、心不全、狭心症、生理不順など

  • マイヤーズカクテル点滴6,000円

グルタチオン点滴療法

グルタチオンは、3つのアミノ酸から成る成分(トリペプチド)で、抗酸化物質のひとつです。

グルタチオン点滴療法とは、加齢とともに体内で減少していくグルタチオンを点滴することで、酸化物を還元し、解毒する作用や、抗アレルギー作用が期待できる療法です。副作用も非常に少なく、安全性の高い医薬品で、薬の副作用の治療に使われることもあります。

日本では40年以上も前からグルタチオンを自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用していました。米国では抗がん剤の副作用による指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動 脈硬化症など様々な疾患の治療に使われています。

パーキンソン病について

パーキンソン病は日本では、人口10万人あたり約100人の有病率であり、65歳以上では人口10万人あたり約200人と推定されています。

パーキンソン病の典型的な症状
  • 手足のふるえ、硬直、動作緩慢や姿勢の異常
  • ふるえは静止時に強く、運動時には軽減する
  • 動作が緩慢となり、歩行時の第一歩が出にくくなり、椅子からの立ち上がりなどが困難
  • 病状が進行すると歩行時の姿勢は前かがみで、小刻みな歩行
  • さらに進行すると嚥下障害、ベッドで寝返りを打つことも困難

パーキンソン病とグルタチオン

グルタチオンは脳を様々な有害物質から守る役割を担っています。グルタチオンは脳にとって最も重要な抗酸化物質の一つです。パーキンソン病患者の脳内において、この重要な物質であるグルタチオンが減少していることが分かっています。

この事実をもとに、イタリアのSassari大学のチームが実際にパーキンソン病患者に グルタチオンを点滴投与したところ、症状の著名な改善が認められました。米国ではDr.Perlmuterがこの治療法を非常に有効な治療であると報告しています。